北海道株式会社のケース(7)vol.065

社長は入社1年でほとんどの業務をマスターしたという話だが、だからといって、突然経営を任されて運営していけるだろうか。日常業務とはワケが違うのだ。
当初は先輩と二人だけの食い扶持を稼ぐだけで精いっぱいだが、リスタートして半年以内に早速社員を採用している。
収支はトントン、資金はギリギリ。それで約10年続いている。いくら若くて無理が利くといっても、単なる体力勝負だけでこの実績は出せない。
【法人】はさっき、「社長は優秀だ」と言ったが、いろいろ話を聞いたうえで今日の姿を見ると、確かに優秀といって差し支えないだろう。

(社長の手腕を体現する何らかの強みが、どこかのデータに表れているはずだ)
地理的な条件から見てみようと得意先情報を抽出したら、徳島県と香川県に集中している。
(やはり、『北海道株式会社』なんていう社名は、相談するときに使う適当な名称だろう)
「宮城」や「仙台」なら、伊達つながりや七夕つながりでもう少し現実感があったのだが。
いや、それはどうでもいい。それより、ここから何か見えてこないだろうか。

創業社長夫妻の時代を“前期”、現在の社長の時代を“後期”と呼ぶなら、前期の最後にほとんど失った得意先の中に、後期に入って復活したところが結構ある。
といっても、北海道社はイベント業だから、定期的に商品を納めるようなルートセールスの商売ではない。

伝票データで、いくつかの得意先の売上計上日を抽出してみたが、どんなに多くても2~3か月に1回程度で、日にちもバラバラだ。対応する仕入の取引も、売上との紐づけの仕組みを探るまでもなく大半が特定できる。
基本的に売上はプロジェクトベースで計上され、粗利については定番として計算できるものもあれば、その都度目まぐるしく算定して出すものもあり、1回しか算出しない原価もかなりの数に上る。

(少額のレンタル品などは一式でまとめてしまえば、会計処理の手数がずいぶん減るだろうに)
と、あなたは思った。
ランチェスター的に言えば『弱者の戦略は軽装備に徹すべし』だし、その代表的な実践例が『経理は簡単にして金をかけない』だ。会社の戦力はすべて顧客に向けるのが、中小零細の非力な企業のセオリーだと思う。

(つまり、こういう余計なコストも吸収してしまえるだけの強み、ということか)
あなたは膨大なデータの海に潜って模索している。
一度だけ試みに、【法人】に「強みは何か」と訊ねたが、男は首をかしげた。情報を総合して仮説を立てることはできないようだ。
まあ、それができるならこんなところに相談になど来ないで、自分で何とかするだろう。彼らにしてみれば、会社の存続が自らの命の継続なのだから。

(では、質問を変えてみてはどうか)
あなたは【法人】に、社長が原価を細かく算出することにこだわる理由は何かと訊いてみた。が、それに対して社内で会話になったことが無いらしく、男は情報を持っていなかった。
「原価」や「会計処理」も、どうやら決め手にはならないのか・・。
(財務諸表が助言のアイテムにならない)
あなたはあっさり諦めた。

ここで「少額レンタル料をまとめて計上し、経理を簡素に・・」と、あくまでも会計処理にこだわって助言することもできるが、あなたにはそれが「てにをは」の添削程度の価値にしか感じられない。
あなたは元経理マンではあるが、それ以外の経験のほうがはるかに長い。だからなのだろうか。
経理経験が全くないピカピカの素人にもかかわらず、30代後半でいきなり「決算担当」として上場企業に中途入社したようなあなたに、そもそも正当な経理マンの視点が備わっているはずがないのだ。そんな素人には。

(素人・・)
セオリーを知らない素人が、初めての事柄に直面したら、それまでに培った自分のリソースから最も適した方法を当てはめて対応しようとする。
(その第一弾は『生い立ちと性格』じゃないか?)
あなたはふとそう思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です