岩手県株式会社のケース(5)vol.097

手相とデータベース(あなたにとってはどちらも同じものだが)、いずれの判断材料も、岩手県株式会社が「高品質の多品種少量生産」あるいは「一品もの」に適していることを示している。
岩手社を訪れている各システム会社の営業は生産管理システムを提案してきたというが、規模を追わないこの会社にはそぐわない。
話を聞くと、どのシステム会社も、今話題沸騰の『ビールの指輪』の部品用にという話で勧めてきているようだが、それはあきらかな過剰投資だ。

「『今導入して御社なりの使い方に慣れておけば、将来のスムーズな多角的活用へ移行できます』と言ってきた会社もありましたが、それはどうでしょう」
【法人】はあなたにそう訊いてきた。
勢いに乗せられた今回の話は抜きにしても、いずれは必要になるものなのではないか、という検討もされているらしい。おそらく、二人の息子たちはまだ若い世代だけに、IT関連のそういった話には少し引き付けられるところがあるようだ。

それはどうだろうか。
あなたはそうは思わない。
大きな企業では「システム導入は何年何月から運用開始したい」と時期を基準にできるのに対し、小さな企業では「システムは今この瞬間から使いたい」という切羽詰まった状況であることも多い。
ニーズが、焼け付きそうなほど高まっているというのに、導入されてから使い方のレクチャーや訓練が始まるようでは使い物にならない。
払っただけの金額に見合わないのだ。心情としては金額の桁をゼロ2つ3つ取り払いたくなる。

そうなってしまうことを防ぐ意味でも、早くから自社業務のIT化について検討し、使用練度を上げておくことは非常に大きな要素になり得る。

しかし、IT化の練度についてシステム会社に「相談」する程度ならともかく、パッケージを買う前提での「商談」は、将来“多角的活用”の筋道が立ってから始めるべきだと思う。
むしろ“使用練度の向上”などはユーザーを煽るよりも、システム会社が豊富な経験に基づいて自らの手を砕き、インターフェースのデザインや操作性においてカバーすべき内容だ。
未知の将来を「保証」したかのような甘言に釣られて、早計なキャッシュアウトを考えてはならない。

システム会社はそれで断るとしても、問題は『ビールの指輪』のビジネス拡大に、どう対処すべきかだ。
今のオヤジさんは、『ドラゴンボール』の連載を終わらせてもらえなかった鳥山明と似たような立場にあるようだ。
集英社をはじめとする『ドラゴンボール』という作品の利害関係者が、連載終了による実害(株価への影響まで考慮された)を回避するため、もう止めたいと願っていた作者の意向がなかなか通らなかったというあれだ。

むろん、『ビールの指輪』はまだそこまでのレベルにはなっていないし、ロングセラーにもならないだろうが、ヒット商品に乗った企業の都合で、才能ある一個人がギリギリと締め付けられてしまう点は似ている。

上り坂の真っただ中で冷静にブレーキを踏める事業者は少ない。
「いない」と言い切ってもよいはずだ。
今のビア社、アミ社に自らの足でブレーキを踏ませようとするのは不可能と言っていい。岩手県株式会社の撤退は、絶対に認めないだろう。社長が倒れてしまったら、今度は息子たちに矛先を向けてくるのはわかりきった話だ。

(スタビライザーの開発ノウハウを、大量生産が得意な工場へ売れればいいのに)
素人のあなたはそう思うが、そのノウハウが、教えて伝わるものではないためにこの問題が起きている。それは理解しているのだが、解決方法が思いつかずに堂々巡りするうちに、ついつい「他所へ売れればいいのに」という短絡的なフレーズにぶち当たってしまうのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です