北海道株式会社のケース(5)vol.063

社員の側も、採用後、「自分にはふさわしくない」と思うまでの期間が非常に短い。
なぜ、それに気づかずに入社し、そんなにも早く退職の決断をしてしまうのか。

テキストマイニングの結果を注意深く探ってみたが、横暴な経営者や先輩がいるようなフレーズは見当たらなかった。
有力者の横暴さについて、社内の会話では怖くて直接的に言えない場合に、代替的に使われそうなアグレッシブ表現や、無理矢理にプラス方向に言い換えているキレイな言葉なども無く、非常にナチュラルなのだ。
男にも訊ねてみたが、社長は温厚で怒ることもほとんどなく、社員に怒鳴ったりしたことはこれまで一度もないという。
自慢話のネタというものも特にないためか、社員の話を聞くことが好きで、圧迫を感じているような従業員はいないらしい。

あなたは念のため、北海道社の求人にエントリーした求職者の情報から、学歴に絞ってデータを抽出してみた。思ったとおり、大卒者よりもそれ以外の応募のほうがはるかに多い。社長が強い意図で大卒者を選りすぐっていることはほぼ確定だ。

(最初に入社した会社で受けた仕打ちの反動か)
プライドの高い社員たちに雑巾のように扱われた。たまたま彼らに共通する条件が“大卒”ということで、今度は自分がそいつらを使いまわしてやろうとする『復讐』の意図があるのかもしれない。
あるいは逆に、人格形成期の環境を無意識に求めてしまい、当時と同じ劣悪な条件の中に身を置くことで安心するという、一種歪んだ価値観を持ち続けていることも考えられる。
といってもここでいう人格形成期とは、あくまでも“社会人としての”という意味だが。

深みにはまりそうだ。
しかし、あなたがしているのは社長のカウンセリングではなく、【法人】の手相鑑定だ。
あなたは改めて男に手のひらを広げさせてのぞき込んだ。すべての糸口はここにあるというのが、あなたなりの『設定』だ。

hokkaidouleft
北海道株式会社(左手)
hokkaidouright
北海道株式会社(右手)
baseGuide-Hokkaidou
今回の基本線ガイド(北海道)
個人 【法人】
生命線 取引線(売上仕入線)
知能線 製品線
感情線 社員線
太陽線 市場(マーケット)線
結婚線 関係線
影響線 ???

(長く寄り添う影響線)
売上仕入線(右手と左手の生命線)の内側に、細く長い線が、補強するかのように寄り添っている。二重生命線なら活力そのものを表すが、影響線の場合は文字通り「影響者」の存在を意味する。
もちろん、個人を占う場合なので、これも【法人】に合わせて適宜変換が必要だ。

(影響線がいったん途切れるのは、最初の社長の時代と、現在を表すものだろうか)
最初の社長とは、現社長を北海道社に引き取ってくれた恩人のことだ。
彼が事故で亡くなった後、一時的に社長を務めた妻は、子供ができなかったこともあり、会社創業以来ずっと二人三脚で夫を支えてきた。

入社当時18歳の少年だった現社長を、弟のように可愛がってくれた先輩たちを生んだ土壌は、もちろん社長の人柄にもよるが、社員たちに手料理をふるまったり、服のボタンの繕いまでする母のような存在だった彼女の影響が大きかったようだ。

(現社長が切りまわしてきたこの10年間に、似たような存在はいただろうか)
現役の社員で最も長くいるのは、5年前に入社した事務の女性だ。彼女に絞ってテキストマイニングで傾向を知ろうと思い、あなたは男にそれを要求したが、断られた。
「残念ですが、【法人】の活動エネルギーにも限界があります。会社の記録情報なら負担が少ないので大量に処理しても問題ありませんが、社内の会話情報抽出は先ほどのものだけにしてください」

仕方がない。すべてが手探りの中、【法人】相手のルールは体験から学ぶしかない。テキストマイニングは確かに便利だが、それだけに使いどころを誤ってはいけないということか。
(まいったな)
決め手を封じられたあなたは、別の方法を探ってみることにした。
その女性事務員の勤怠の記録や給与情報はどうか? いや、それは決め手になりそうなものには思えない。
(趣味はどうか?)
男は、それは履歴書に記載があるので問題なく取り出せると言い、直ちに回答した。
「日記をつけることです」
残念ながらそれは社内記録ではないので、【法人】は内容まではわからない。ただし、自己PR欄に中学時代から作文で賞をとったり、雑誌に地元リポートを送って掲載されたりしているというから、なかなかの文章力を持っているらしい。
(うーむ・・)
興味深いが、今あなたが求める情報ではなさそうだ。他に在籍期間が長い社員の履歴書情報を見たが、どれも決め手とはなりかねた。

と、そのとき不意に、理屈ではなく情景が浮かんだ。
前社長、つまり創業社長の夫人が「廃業する」と告げ、それをうなだれて聞いている二人の社員。

現社長の先輩だったもう一人の社員は、その後どうしたのか。
【法人】の男は言った。
「先輩の彼は、一昨年に退職しました。倒れた兄に代わって家業を継がなければならなかったのです」

そういえば、さっき社員リストを出力したとき、現社長が会社を引き継ぐ前に入社した社員は、現状分析には無意味だとして消去してしまっていた。
もう一度復活してみると、確かに一人だけ、比較的最近まで在籍していた記録がある。
彼は、高卒だった。
彼だけでなく、かつての北海道社に大卒は一人もいない。現在も、在籍が長い社員はいずれも高卒だから、社長のこだわりにもかかわらず、従来の文化がなおも息づいているのだろう。

分析の糸口を何とか探そうとするあなたに、男は教えてくれた。
「社内で行われた会話を無機質に取り出すのと、特定人物の象徴的な会話は、質が違います」
つまり、『【法人】の記憶』には二通りあり、『データ』として抽出しなければならない情報は大きな負担になるが、『トピック』をしゃべるだけならその心配はない、ということだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です