皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(1)vol.015

あなたは契約書を手に、アパートへの道を歩いていた。

時刻はまだ正午前だ。
バッグの中には、ハローワークの担当官から受け取った契約書が入っている。
これに署名捺印して月曜日に提出すれば、同日付で処理され、契約は締結だ。

しばらく歩くと、繁華街に差し掛かり、連れ立って歩くスーツ姿が、あちこちに目立ち始めた。
昼休みの食事のために外出した勤め人たちだ。
何となく浮き浮きした感じの人が多いなと思い、ふと今日が金曜日だったことに気づく。

退職後のあなたは、切迫感に追われて金曜日もへったくれもなかったが、今日は久しぶりに安らぐ週末を迎えられそうだ。

念願の『雇用契約書』というわけにはいかなかったが、あなたに労働対価をもたらしてくれる『業務委託契約書』を手に入れたのだ。
たった1回きりのものだが。

(喫茶店へ行こう)
金曜日の力が、あなたをそんな気にさせたのかもしれない。
曲がりなりにも仕事が与えられそうだからでもあるが、
何よりあなたが『スカウト』された喜びと実感は、何物にも代えがたい。

転職市場で一切認められなかったあなたに、相手から声がかかったのだ。

たくさんの登録者に届く、まったくあてにならない「オープンオファー」でもなければ
それと何の違いがあるのか、あなたにはさっぱりわからない「興味通知オファー」でもない。
面接確定のはずの「プライベートオファー」で、面接前に断られたことさえある。
想定外の応募数に泡を喰った人事担当からの謝罪文面と共に。

苦い経験ばかりの中、今回はたったひとり、あなたにだけ声をかけられ、契約も成立寸前だ。
『祝杯』をあげたくもなる。
それに、法人の誰と対面するかわからないが、どんな話にも高いクオリティで対応し、
一回限りのチャンスを、今後も継続していくためのプランが必要だ。
空気の澱んだあなたの部屋は、どう考えてもそれを考える場にはふさわしくない。
貧乏暮らしに外食は厳禁だったが、そんな事情で今日のあなたは喫茶店へ足を向けた。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(2)vol.016

繁華街のカフェはどこも満員だった。
ランチタイムに続いて、ティータイムもきっと混むだろう。
時間をつぶすため、いつもの道を外れて、少し遠回りな川沿いの道をゆっくりと歩き、夕方近くにようやくカフェに入店した。
昼食を摂っていないので空腹だったが、サンドイッチのセットは高いのでホットドッグとコーヒーにした。

出入り口に一番近いストゥール席を選び、コーヒーを乗せたトレイをテーブルに置いた。
通りを歩く人たちの姿に気を紛らわせながら、煮詰まりそうな思考を丁寧に進めたい。

ホットドッグが出来上がったので、カウンターまで取りに行く。
斜め半分にカットされたコッペパンに、ソーセージが挟まっている。
小さく噛みちぎって、ゆっくりと念入りに咀嚼する。
節約生活で、少量の食事を余儀なくされるときの鉄則だ。
こんなひもじい食事に別れを告げられる日はやってくるのだろうか。

小腹を満たしたあなたは、コーヒーを一口飲み、本格的に考え始めた。
先刻、ハローワークの担当官が口にした、いくつかのポイントを思い返す。

・ITエンジニアとの連携を重視する経営者がたくさんいる
・経営者と事業について語り合えるエンジニアは多くない
・あなたが依頼されるのは、調査し、解決手段を講じ、相手に投与すること

ITそのものの従事者になれという話はなかった。
そんな話なら、素人のあなたに白羽の矢は立たないだろう。
なにしろ “ 10年戦士 ” の技術者は、掃いて捨てるほどいるのだから。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(3)vol.017

(求められているものは何か)
ITの専門知識や技能はいらないということは確認した。
まずは現場で企業の担当者の話をよく聞いて問題点を引き出すことだ。
企業内のどの部署の人と会うのかは分からないが、まず話を聞いたうえで、あなたのプランを伝え、どのような形で社内に関わるかを決めていけばよい。

誰と、どんな順序で、あるいはどんなタイミングで会うのが最も効果的か。
社内の人間関係の、どの部分からアプローチするかが何より重要だ。

【ITによる情報資産の活用技術】
それが、あなたが提供したいコンセプトだ。
しかし、そこに至るまでに絶対的な必須条件は【人間関係】なのだ。

IT技術そのものではないという点がポイントだ。
むしろ技術は後から調達できるということを、あなたは経験から学んだ。

【情報資産活用技術 ≠ IT技術】
【情報資産活用技術 = 人間関係力 × IT技術】

その見通しが立たないと、成功はほぼ見込めない。
相談者と向き合った時のイメージが、あなたの頭の中で、徐々に形になってくる
集中していて気づかなかったが、気が付くとずいぶん時間が立っていた。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(4)vol.018

店の時計を見上げたきっかけは、バッグの中で振動している携帯電話だった。
表示を見ると、しごとセンターのアドバイザーからだ。

(こんな大事なときに・・)
イヤな相手の横やりを迷惑に感じながら、あなたは電話に出た。

「先週応募された▲▲社から、急きょ面接に来てほしいとお話がありました」
あなたは仰天した。
▲▲社とは、今、あなたが応募している企業の中で、最も魅力を感じている会社だ。

「メールでも送りましたが、先方の面接希望日が月曜日なので、早めにお知らせしようと思って念のためお電話しました」
あなたはあわてて手帳のページをめくり、アドバイザーの話を書き留める。
さっきまでメモしていた相談受付のイメージは、一瞬で頭から消し飛んだ。

「メールのほうに詳細を書いてありますので、確認して当日までにご準備ください」
そう言って、アドバイザーは通話を終了した。

(ノッてきたか)
複数の会社から同時に内定をもらう話は、就職支援セミナーで毎回のように聞かされたが、あなたにとっては現実感のない、おとぎ話にしか思えなかった。

しかし、とうとう自分にも、そんな状況が訪れてきたような気がする。
アドバイザーは、あなたの職歴の中の、官庁に関する経験が先方の担当者に評価されたと言っていた。
あなたが地方の出先機関で、事務の責任者だった時の記述を読み『特に会ってみたい』 と言ったそうだ。
添削セミナーで「効果的なエピソードのはさみ方」を教わった。
その効果が、ようやく芽を吹いたのだろう。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(5)vol.019

かつてない大波に、あなたの心は躍動した。
すぐに帰って、▲▲社向けに作った応募書類を読み直し、面接でのアピールポイントを整理しておかなくてはならない。
飛び上がるようにストゥールから立ち上がり、カップに残ったコーヒーはそのままにトレイを片付けた。

「ありがとうございます」
店員の声を背中で受けながら、小さな会釈をして喫茶店を飛び出した。

アパートに帰ると、早速パソコンの電源スイッチをオンした。
買ってから6年目を迎え、いい加減くたびれたマシンだ。
なかなか立ち上がらない画面にイラつきながら、あなたは手帳を開き、さっきメモしたアドバイザーからのメッセージを見返していた。
面接の想定問答をイメージして紙に書こうと思ったが、適当な用紙がない。

あなたはバッグから、昨日ハローワークで出力した求人票を引っ張り出した。
今日応募しようとして、結局できなかった3社分のものだ。
頭に浮かんだフレーズが消えないうちにと、求人票の余白に書き込もうとしたとき、ハローワークの担当官が口にした言葉がよみがえった。

『徹底した守秘義務に基づいて、多くの【法人】にお会いいただくことになるので、就職活動で企業と接触することは禁じられます』
あなたの手は止まった。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(6)vol.020

思わず頭を抱える。
これは、契約条項に抵触するだろう。
契約書で該当する箇所を探すと、やはり、契約期間中の企業との関わりを禁じる旨が記載されている。
今さらながら、『他企業との接触を契約で禁じる』とは、苦しい就職活動にあえぐあなたにとって、なんと厳しい条件だろう。

だが今はまだ契約前だ。
面接が決まった▲▲社の件の結果が出るまで、締結日を待ってくれないだろうか。
あなたは、ハローワークへ連絡を取ろうと急いで体を起こし、携帯電話に手を伸ばした。
呼び出しのコールを聞きながら、今後のことを考えた。

月曜に行われるのは1次面接だから、その後、役員か社長に会うために、少なくともあと1回は別の日取りで面接がセットされるはずだ。
内定がもらえるとしても、そこまでに2~3週間はかかってしまうだろう。

一方、担当官は、現在受付を待っている法人がいるから
契約締結後、2週間以内には依頼の連絡をすると言っていた。
そんな状況で、こちらの都合で契約を遅らせてくれとは言いづらいが、就活に関しては融通をきかせてくれるのではないか。なにせ、ハローワークなのだから。

数回のコールの後、電話がつながった。
勢い込んで話そうとしたあなたの勢いが止まった。

業務時間外のアナウンスだ。時刻は18時半。
明日の土曜はちょうど閉庁日で、ハローワークが開いていない。

(月曜の朝に事情を話すしかない)

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(7)vol.021

不定期、不自由、収入額不明瞭の3要素が、ハローワークとの契約をためらわせる理由だ。
しかし、継続契約(の可能性)があり得るうえ、単発契約とはいえ、確かな収入が見込まれる話に対し、▲▲社の話は、不採用に終わることも当然あり得る。

だが、▲▲社の担当者は、官庁経験の中でもあなたが秘かな自信と誇りを感じている「出先機関の事務責任者の経歴」にフォーカスし、高く評価しているらしい。
こんなことは初めてだ。

(今度こそ、うまくいくのではないか?)
正解のない堂々巡りを繰り返す中で、こんな考えも浮かぶ。

(▲▲社は、しごとセンターの案件だ)
ハローワークへは、このことを隠しておいて、まずは面接を受けてしまうことが可能だ。
可能性はできるだけ確保しておくという考え方だってあるだろう。
生活がかかっているのだから。

(いや、しかし・・)
【徹底した守秘義務】のもと、業務を行う人間の行動は、徹底的に調べられるかもしれない。

(やはり、契約日の先送りを打診しよう)
たったふたつの話を受けただけで、こうも振り回される我が身の不自由さがもどかしいが、あなたとしては、そのほうがすっきりして面接に臨める。
普通の求人とは違うのだ。仕方がない。

とはいえ、せっかくのチャンスを、正体不明のオファーと天秤にかけることが、あなたの人生にとって、正しいことなのだろうか?
結局、伸びやかな金曜日は、あなたには訪れなかった。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(8)vol.022

『起業支援の【法人】受付部門』
これについて調べようと思いついたのは、土曜日の朝だった。
ハローワークのホームページをいくら探しても、そんな部門はなかったし、起業支援活動のページから探しても、それらしき情報は見当たらない。

「生活のための就業の機会を、ハローワークの都合で制限してしまうからには、それなりの収入条件は提示させていただきます」
担当官はそう話していた。

契約書には、“ 最低限度額として、本契約の締結日から起算して、【法人】への対応後、評価測定協議の最終日までの日数(勤務を要しない日を含む)に、直前に受給した失業給付の日額相当を乗じた金額を支給する ” と書いてある。

読み取りづらい条文だが、元公務員のあなたにとってはありふれた文章だ。
むしろ序の口レベルで、読み易さすら感じる。

担当官によれば、2週間以内に相談を受けるそうだから、仮に14日間とすれば、8万前後の収入が期待できる。
その間、就職活動をしてはならないという点が、通常の失業給付と正反対な特徴だ。

しかし、「それなりの収入条件」と担当官は言ったが、これではまともな暮らしができそうにない。
何よりもまず、普通の勤め人だった頃に借りたこのアパートからは出ていかなければならない。
とはいっても、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・引っ越し費用などを捻出できない。
だが、ハローワークの役人が、この事情を理解してくれるとは思えない。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(9)vol.023

あるいは、【最低限度額】という文言に、あなたが救われる要素を見いだせるのではないか。
何らかの条件を満たすことで、多少なりとも収入のアップは可能かもしれない。

さらに契約書の但し書きを見ると、“ 但し、別途報酬等が支払われる場合において、その金額が最低限度額を上回る場合、最低限度額の計算による支給は行われないものとする ” とある。

最低限度額とはあくまでも補償されるものだ。
たとえば14日間の契約期間中に、なんらかの形で6万円の報酬を、企業またはハローワークから受け取ったとする。
その場合、あなたは2万円の補償を受けて所定の8万円の収入(最低限度額)になる。
しかし、受けた報酬が10万円だった場合は、補償の対象にならない。
最低限度額の計算は行われず、契約期間の収入は受け取った10万円になる。

「別途報酬等」の正体は不明だが、まずは暮らせるだけの収入を得て、アップさせる方法を探す。
そして、自分が今後生きていくため、何とか事業が継続できれば……
そう考えている最中、ふと我に返る。

(なぜハローワークの話を受ける前提で考えているのか?)
あなたには▲▲社の話も来ているのだから、こちらの可能性もあるのだ。
もし、▲▲社へ入社できれば、今の生活をするには月々の給与で十分なうえ、貯蓄もできるのだ。
あなたは改めて、月曜日の面接対策にいそしむことにした。

皮肉な「書類選考通過」!二股の誘惑?(10)vol.024

月曜の朝、8時前に、あなたはすべての準備を終えた。
8時半にハローワークに連絡を入れて、そのあとすぐに出発する。
携帯からかけて音が途切れたりすると厄介だから、自宅の固定電話からかけるつもりだった。

しかし、契約締結の延期を要望するとして、一体どのくらい延期してもらえばよいだろうか。
当然、先方もそれを訊いてくるはずだ。
欲を言えば、▲▲社が不採用と判明するまで、延期してほしい。
ただ、さんざん日延べしたあげく、もしも▲▲社から内定が出たら、ハローワークへは顔向けができない。

さらに欲を言えば、まず今回の1次面接の結果が出るまで契約の締結は待ってもらい、次の面接に進めれば、さらに待ってもらいたい。
そうやって、もし3次くらいまで面接が実施された結果、内定になったら、その時点で断らせてもらいたい、が……
……さすがに、そんな虫のいい話、自分なら認めないと思う。

あなたは、ひたすらにハローワークの開始時間を待った。