青森県株式会社のケース(1)vol.071

(よくしゃべる)

対面した瞬間から挨拶もそこそこにしゃべりだしたのは「青森県株式会社」。
姿かたちは前回の北海道株式会社と名乗った男と同じだ。つまり、▲▲社とも同じ。ただし、別の【法人】だということを、あなたは理解している。
【法人】たちは、この男の姿を使って、あなたのような『こちら側』の人間と接しているのだということを。

(それにしても、どこが「青森」なのか)
無造作に北から順番に付けているらしい仮の会社名には、あなたも内心で苦笑するしかなかった。
四国の会社が「北海道株式会社」と名乗り、今度の【法人】は、あなたが持っている無口な東北人のイメージとはかけ離れたおしゃべりな男だ。

「流れは来てるんですよ。社長はずっとそう言い続けて、業績は伸び続けていましてね」
なぜこんなに滔々としゃべり続けるのか、あなたには最初、理由がわからなかった。
わからないまま、今回はまず最初にパソコンの電源を入れ、財務諸表を見てみた。
創業からは32年、会社設立からは26年を経ている。家具のレンタル業を営む会社だ。
たしかに、設立から26年は、わずかな波を描きながらも業績は上がり続けている。

(成長曲線の教材のようなカーブだ)
財務諸表の数値をグラフ化して長期のライフサイクルに描画してみた。
成長期から成熟期に入ったところで、もう一度成長(上昇)のラインが生まれ、改めて成熟の緩やかなカーブに落ち着いている。
2度目の上昇の時期に何があったのかを質問するだけでも、かなり有用な情報が得られるに違いない。

aomoriken1

今回はかなり、コンサルタントっぽい導入になったなと、あなたは内心手ごたえを感じている。
【法人】相談も今回で3度目。3度目の正直。自分を客観視できるようにもなってきている。気を引き締めていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です