オーバーフォース(4)岩手県株式会社の鑑定を終えて

荒療治の鑑定を終えてから4日後、ハローワークから報酬の振込連絡があなたのもとへ届いた。
まだ、ビジネス誌への掲載話がどう進んでいるか、あなたにはまったくわからない頃だ。
結果が気になるのはもちろんだが、その前に気になるのは岩手社からのあなたへの『評価』だ。

(やりすぎでは・・?)
との思いの強い面談だったため、はっきり言ってあなたは自信がなかった。
ひょっとすると、はじめて最低保証が適用されるかもしれない。
ハローワークからあなたに支払われる日額の合計より、【法人】の報酬が少なかった場合、日額合計に満たなかった金額分だけハローワークによって補てんされる。

依頼を受けてから昨日までで10日あまりだ。振り込まれた金額が5~6万円程度だとしたら、あなたの悪い予想は当たっている。
この4日間、最初の1日こそ(これでオヤジさんを救った!)という気持ちの高揚で充実していたのだが、翌日から一転してあの日の勇み足な鑑定が気がかりになり、何をしていても落ち着かない。

あなたが岩手社に施した示唆は、売上増伸につながるものではない。
岩手社の相談内容そのものが、受注のオーバーフロー状態に関するものだったので、示唆の方向性が間違っていたとは言えないだろう。
しかし、手相から読み取れる【法人】の性質や将来の姿を加味したせいで、「ビジネス相談」というカテゴリーに分類した場合、あまりにも拡大解釈をしてしまった可能性がある。

提携先を切り離すような策を施してしまったのは、出過ぎたマネだったように思えてならない。

(むしろ、うまくいかないほうが良いかもしれない)
あなたの読みが外れ、その後の計画も失敗した方が、結果は好転するかも・・。
(いや、むしろ失敗してくれ。失敗して、自分の行為は無かったものとなってくれ)
と、ますます弱気が加速していく。
それはそれで、あなたの面談に価値がなかったことになるので好ましくないのだが、「この1回は負けでいい」と思ってしまうことを止められなかった。

「1回負け」が「これで終わり」かもしれないというのに・・。

パソコンでネットバンキングのサイトへアクセスするのが怖かった。
凍り付いたように固まった表情のままIDとパスワードを入力し、明細を見た。

(よかった・・)
青森社からの報酬の約半分といったくらいの金額が、振り込まれている。
つまり、あなたの人生で最も高収入だったころの年収の約半分だ。
(とりあえず、最低保証額ではなかった)
岩手社は、あなたの判断に価値を感じてくれたことになる。

独りよがりの解釈。強引な施策。出しゃばり・・。
【法人】の評価基準は謎のままだが、どう考えてもあれだけのことをした割には、この程度で済んでよかったとも言える。
もっとも、この金額のことを「この程度」と言えるのかどうかもあなたには全く分からないし、「この程度」などと考えるのは何ともおこがましいかぎりだ。

だが、心配の半分は解消したと言える。
こうなればあとはもう、自分の判断が正しかったことを祈るばかりだ。
岩手社のオヤジさんと二人の息子たち、そして事務員の女性。皆、一日も早く救われてほしい。
ついでに、この落ち着かない自分の立ち位置も、何とかなってほしい。
どこまで続けられるだろうか。この仕事を・・。

オーバーフォース(3)青森県株式会社の鑑定を終えて

朝方に、青森県株式会社からの報酬を振り込んだとの連絡があり、次の面談についての相談もあるというので、ハローワークへ行って担当官と会ってきた帰りに、あなたは銀行へ立ち寄った。
パソコンの調子が悪くて起動せず、振り込まれたという金額をネット上で確認できなかったため、銀行で記帳することにしたのだ。

記帳機械の前には先客が一人いる。
あなたは順番を待ちながら、窓口の方向へ目をやった。
たくさんの視覚情報の中で、今日の日付を示す数字だけが、あなたの意識をとらえた。

明日にはまた、次の面談が用意されているとのことだった。
前回、北海道株式会社の面談後に言われた「次の2件」の2件目のほうだ。青森社の評価査定が早かったため、依頼のスパンが短い。

担当官は以前、「1日に複数件の依頼を受けられるか」とあなたに確認してきたが、実は来週月曜に、2件の面談が予定されているとのことで、その要請もあった。
あなたはそれを請けた。今のところ、断る理由はない。
毎回収入額が不安定ならば、件数をこなすのが一番、という事情もある。

(稼げるうちに稼いでおかなければ)
まずは、青森社が今回のあなたの鑑定にどの程度の評価を与えたのか、それを確認することだ。
あなたは順番が回ってきた記帳機械に通帳を差し込んだ。
1行分だけ印字される音がして、すぐに通帳が吐き出された。

(・・・)
記帳機からあなたの手の中に戻った通帳の入金欄には、公務員を退職する頃の年収と大差ない金額が印字されている。
月収ではない。年収と同程度だ。
1回の面談の結果がこの金額だ。
銀行のキャッシュディスペンサーのコーナーで、しばし硬直するのがパターン化しそうだ。

(本当に、これでよいのか?)
ずっと事務系のサラリーマンだったあなたは、月によって凸凹のある収入には縁がないだけに、こういったことには免疫がない。
続けて多額の現金が手元にやってきたことに対して、気が小さくなっている。

だが、それは“気が大きくなること”の前兆であるともいえる。
“気が小さくなる”のは、委縮することではなく、目盛り『小』の側に大きく振れているということで、しばらくすると『大』の側に大きく振れるのが自然の摂理だ。
その時こそ名実ともに「大金を手にして気が大きくなる」という段階へ突入する。

だが、今のあなたはそれどころではない。
さっき担当官に、この契約による所得税や住民税の届け出について確かめてみた。

あなたがこの3回、【法人】から受け取ったお金は、決して裏金のような『悪いお金』ではないが、表には出てこないお金であるという話は最初の報酬を受けた時に聞いている。

「表に出てこない大金」を収入額として申告することは、ハローワークとしてはOKなのか?

あなたの質問の主旨はそこにあった。
不審に思った税務署や区役所から調査が入り、あなたの収入のもとが取り沙汰されると、【法人】という秘密の存在に行き当たってしまう。

そもそも、報酬の支払調書を作るとき、あなたに報酬を支払っているのはハローワークと【法人】のはずだ。
厳密に言えば、【法人】からの報酬額が、ハローワークとあなたの間で交わされる委託契約に基づく最低保証額を超えない場合に支払われる補てんのような金額が、ハローワークからあなたに支払われる料金だ。
しかし、ここまでの3回分はいずれも破格の金額であるため、あなたはまだハローワークからは1銭も受け取っていないことになる。

『報酬の支払者』をどう書けばよいのだろうか。

「支払者はハローワークという形をとらせて頂きます」
担当官はそう答えた。
ただし、最低保証額しか記載されないという。
ということは、仮にこの委託契約が1年続いたとしても、あなたの公的な収入は200万にも満たないということになる。

「どれくらいの金額が【法人】から支払われているか、私は存じませんが・・」
担当官はそう言う。
たしかにそうだ。彼女はそれを知らされていないと話していた。
実際にあなたがこの契約による働きで受け取った金額は、現時点ですでに、公的な年間支払額と比較してもケタが違う。
それが、なかったことになるというわけだ。

「もしも実際の受取額が多額になる場合でも、あくまでも表向きの収入はハローワークからの支払金額で、それをもとに税金は計算されます。ですから税金対策目的で事業者登録などをする必要はありません」

(しかしそれでは脱税・・イヤ、合法的な税免除ということか? イヤイヤ、これは『合法』という言葉の範疇には入るまい)
混乱するあなたに、彼女は続けた。
「逆に、事業者登録などをして社会的に目立ってしまうと、事業収入の割に生活が派手だとかいうことで、何かしらの影響が出てしまうかもしれません」

ピンとくるものがあった。
(【法人】の存在がバレそうになって、契約終了になった前任者もいたということではないか?)

気を引き締め、細心の注意を払わねばならないということか。
お金は必要だが、この仕事を続ける限り、たくさんあればよいという単純な図式では済まされそうにない。
あればあっただけ、うまく管理しなければ、色々と厄介なことが起きそうだ。

しかし、わずか1か月程度の間に、かつての年収の何倍もの金額を手にしたあなたは、正直言って“管理”どころか押し寄せる札束に巻き込まれて溺れかねない心境だ。

派手な生活に一変することの危うさだけは、担当官の言葉から十分に読み取れた。
だが、具体的にどうすればよいのかは全くイメージが湧いてこない。

現在は質素、というより求職にあえいでいた頃の『貧』な暮らしだ。
(こういうスタイルのままでいればよいということか・・)
しかし、貧しさと質素は全く違う気がする。

【法人】鑑定については大胆な見切りと迅速な決断をするあなただが、自分自身の生活についてはまだまだ夜明け前にもならぬ暁闇の中をさまよっている・・。

オーバーフォース(2)北海道株式会社の鑑定を終えて

今回振り込まれた金額は、前回と比べると極端に少なかった。
ハローワークの最低保障よりは遥かに多額だったので、【法人】からの報酬がそれを上回っていたのは確実だ。
しかし今回は、新要素『【法人】内のデータベース』の存在を知り、それを駆使した高度な対応ができたはずだが、前回からの大幅下落はいったいどういう理由によるものだろう。

「【法人】からの報酬金額査定の方法は、ハローワークでも知ることができません」
例の、美人の女性担当官は電話の向こうでそう言う。予想していたことだが、あなたは混乱する。
前回の、驚くほど多額の報酬には、初回の契約金みたいなものが含まれていたのかと訊いてみた。プロ野球選手が入団するときの契約金に相当するものが、この【法人】相談にもあるのかもしれないと思ったからだ。

「いいえ。報酬は2種類だけです。ハローワークの最低保証額と、1回の相談に対して【法人】が感じた価値に相当する分しかありません」
自由業の収入は水物だ。多い時も少ない時もある。そう思うしかないのだろう。

(そういえば、国保と年金、それと住民税はどうなるのだったか?)
委託契約が継続になったときに説明を聞いたと思うが、詳しく覚えていない。あの時は、振り込まれた大金が本当に自分のもので良いのかという確認に頭がいっぱいだった。

(わざわざ電話をかけ直して聞くほど急ぐ話ではない)
次に会う時に聞こうと思った。
そのことに、環境の変化を感じた。ほんの半月前までは、未払い国保の分割納付はあなたの生活を脅かす大きな要因だったはずだ。
それが今となっては、“急ぐ話ではない”と思えるのだ。

しかし油断はできない。
この仕事がいつまで続くかわからないし、続いたとしても報酬が減って毎回最低保証額しか受け取れなくなったら、収入は1か月で15~16万円程度になる。しかも、契約期間中の就職活動は固く禁じられているのだ。
特別ボーナスに浮かれているわけにはいかない。

(北海道株式会社の規模が小さいから、▲▲社の時のような額にならないのか)
ぜひとも参考に知っておきたいことだ。
(あるいは、テキストマイニング的なデータ抽出をさせたせいか)
あなたは北海道社にそれを求め、【法人】はそれが『疲れる』と表現し、2度目の要求は断ってきた。
過度にリソースを使わせたことが、金額面に反映しているのかもしれない。

(あれはやはり、できるだけ使わない方が良い)
あなた自身の体調を考えても、テキストマイニングは避けた方が無難だ。

“会社に対するネガティブキーワードのトップテン”を素早くリスト化したあなただったが、それは、約10年にわたり、百人以上の会話データというけた外れのボリュームを、すさまじい勢いでスクロールさせて見つけ出していったものだ。
一つひとつの言葉をいちいち意識に上らせていたら到底完了しないので、多分、脳の言語野以外の場所で情報を処理していたのかもしれない。
あの日、ハローワークを出てからしばらくは、しつこい「めまい」に悩まされた。

テキストマイニングは【法人】のリソースを圧迫し、あなたの頭脳にもかなりのダメージをもたらすものだということを、鑑定から4日後の今もなお、わずかに残る後遺症とともに実感している。

それからさらに4日間、あなたのもとにハローワークからの連絡はなく、時間を持て余すあなたの心の中に不安が生じてきた。
【法人】からあなたへの評価が下がれば、相談依頼は無くなる。そうなれば、ハローワークとの契約が解除され、あなたにはまた、無職の境涯が待っている。
今でこそ預金残高には▲▲社から受けた破格の報酬が残っているが、この先就職が決まらなければジリ貧になることは目に見えている。

(だからといって【法人】に営業をかけることもできない)
ひたすらハローワークからの依頼を待つ以外にないのだ。
あなたにできる唯一の『営業』は、対面する一瞬一瞬にかける誠意と実力のみだ。

(北海道社に対して、それが示せなかったか)
報酬金額は少なく、次の依頼が来ないという現実に、あなたは背筋が寒くなった。恐怖だった。
せめてあと数回、依頼が来てくれれば、そして、初回並みの金額がもらえれば、契約が解除された後は、年金がもらえるようになるまで細々とアルバイトで食いつなぎ、老後の生活も何とかなるかもしれない。

更に連絡がないまま週が明け、月曜の朝にかかってきた電話に、あなたは淹れたばかりのお茶を置き捨ててハローワークへと急いだ。

担当官はなぜか複雑な表情であなたを迎えた。
あなたの心臓は早鐘のように血液を脳天に集めた。
(やはり荷が重かったか)
早くも契約解除の宣告を受けることになるのかと、あなたは彼女の顔を凝視しつつ、意識上の視界には何も見えていなかった。

「今までなかったことなのですが、【法人】からの問い合わせが殺到しています」
北海道株式会社との面談後、あなたに関する口コミが【法人】の間で一挙に広まり、相談希望者をはじめ、あなたについて詳しく教えてくれという連絡が、ハローワークに次々と寄せられているという。
ここ1週間ほどその対応に追われ、次回の段取りが進まなかったそうだ。

(口コミ・・)
【法人】にもそんなものがあるのかと、またもや疑念が生まれる。
やはり自分は担がれているのではないか。【法人】というのは設定にすぎず、あなたが接したのは普通の人間ではないかということだ。

(まあいい。どちらにせよ、北海道社のあの男にとって、先日の鑑定は評価が高かったようだ)
我ながら、鑑定の最後のほうは、流れでパンパンと言い放ってしまった感があり、後ろめたい気持ちがあった。だから前回との金額比較で反射的に低評価だったのだと早合点してしまったが、事実は違っていたらしい。

(しかし、よく考えてみれば本当の“低評価”とは、【法人】自身からの報酬が無いことだから、焦るのはハローワークからの最低保証額しか払われなくなった時でよいのかもしれない)
あなたはそう思い直した。

担当官は、【法人】とあなたの間で何があったのかをよほど聞きたいらしい。
しかし、面談内容を口外することを許可していないのはハローワークのほうだから、彼女があなたに質問することもできない。
複雑な表情であなたを迎えたわけは、それによるものだったのだ。

あなたの側だって、本当は彼女に話すことで、【法人】との接触の仕方について、自分の考えを整理しておきたい。【法人】の記憶がデータベースソフトに表示されるなんて不可思議な現象を、ハローワークはどう思っているのか。
一番引っかかっているのは、【法人】は社内の人間を『誘導』できるそうだが、本当にそんなことができるのか?

あなたは既に、北海道株式会社の本当の社名を知っている。【法人】のデータを見たのだから当然のことだ。
近い将来、社内報が創刊されれば、それはあなたの指示を受けて、【法人】が社長を誘導したためかもしれない。
ただし、「社内報の創刊」というトピックが、部外者に知らされることはあまりない。
確かめてみたい気持ちが非常に高まっているのだが、それについて調べることがどこまで許されるのかを、目の前の担当官に質問してみたいのだが、そもそも「社内報」という単語も相談内容に関わるので、口にすることができない。

「まず、この後に入っている2件分の依頼を受けて頂きたいと思います。そのあとの面談の組み方については、私どもの間で調整してご連絡いたしますのでお待ちいただけますか」
担当官は日時を告げた。

(よかった)
あなたは胸をなでおろした。
念願だった仕事の依頼が来たのだ。
老後の生活への不安は、ひとまず数歩先へ遠のいた。数歩進んだときに再び対面しないで済むよう、次の依頼でもしっかりした成果を示さなくてはならない。
その繰り返しを心がけなければ、自由業では暮らしていけないのだ。

サラリーマン専一だったあなたの感性が、こんな早く切り替わってしまったことに、あなた自身まだ気づいていない。

オーバーフォース(1)▲▲社の鑑定を終えて

ハローワークからの連絡は思ったより遅く、▲▲社との面談が終わって5日後だった。
例の若い美人の担当官から電話があり、報酬は明日振り込まれるという。
そして、最大の関心事、契約については、引き続き今後もお願いしたいとのことだった。

複雑な思いながらも、あなたは胸をなでおろした。最低保障の十数万円の収入は、とりあえず確保された。家賃と水道光熱費、そして食費だけでほぼ消えてしまうので、アパートの更新料1か月分は身を削る思いで貯めなければならない。
健康保険未払分の納付額は、月千円ぐらいにしてもらおう。窓口で面倒くさそうな、あるいは迷惑そうな対応も、こうなっては甘んじて受け入れざるを得ない。

(それにしても、よくあんな面談内容で「今後」があったものだ)
【法人】の手相鑑定だなんてふざけた茶番ではあったが、基幹システムを検討する際のポイントやCSRに言及した点が良かったのだろうか。
そういう意味では、キツネにつままれたような気分がぬぐえない。
しかし、その程度では済まない事実が待っていた。

(!!!!!)
翌朝9時を待ちかねて早めにPCでチェックした銀行残高を見て、あなたは息をのんだ。
今までの人生で、自分の預金残高ではお目にかかったことのない桁が並んでいる。
(こんなことがあるはずがない!)
何かの間違いだろう。きっとそうに違いない。
あなたは通帳を持って家を飛び出した。銀行へと足を速めながら考えた。
(きっと、9時になれば正しい金額になっているに違いない)
鼓動が早まり、呼吸が早く短くなっている。速足のせいではなかった。

銀行に到着した。ちょうど9時になったところだ。
記帳機に駆け寄りかねない勢いで一直線に歩を進め、通帳を開く手ももどかしく挿入口に押し込んだ。
印字は1行だけ。すぐに返された。
(・・・・・・)
あなたは機械の前に立ち尽くし、呆然と通帳を見つめた。さっきPCで見たのと同じ金額が印字されている。
我に返り、今度はキャッシュディスペンサーの前に移動した。順番を待っていた客に気づかず、あなたは割り込みをしてしまったが、幸いほかの機械が空いていたので文句を言われずに済んだ。
(試しに10万円引き落としてみよう)
やってみると、現金10万円と、10万円分減った残高が印字された通帳が、機械から吐き出された。

ハローワークへ駆け込んだあなたは、総合受付で担当官を呼び出した。担当官は別室で待っていた。あなたがやってくることがわかっていたようだ。
「金額は私には知らされていませんが、振り込まれた金額が想像より大きかったのでしょうか?」
あなたはうなずいた。

「驚かれたとは思いますが、そういうこともあるのです」
担当官が言うには、【法人】が面談内容に価値を感じた場合、それに相当する金額を報酬として支払うのは、先日取り交わした委託契約書のとおりだが、企業が享受した価値が基準になるため、個人では及びもつかぬ金額になることもあるそうだ。それは帳簿に乗っているキャッシュとは違う【法人】の持ち物であり、違法なものではないという。
(それはそうだろう)
ハローワークが介在していて、裏金のような後ろ暗い金の授受が行われるはずがない。

「経済の流れの中では、見えているお金とそうでないお金があります。今回お受け取りになられたのは、一般的には捉えることのできない、表に出てくる機会を失ったお金です」
繰り返し、これは違法なものではないという。強いて言えば、発行されたのに、生きた流通に乗ることのできなかったものと思ってほしい、と言う。

急に返還請求されることはないかとのあなたの問いに、担当官は「それはない」と応じた。振り込まれたキャッシュは、あくまでもあなたの所有になったという。
「面談の都度、そんな大金が入るということではありません。今回は相手の【法人】が、面談にそれだけの価値を感じたということですので、あくまでも今回限りと思ってください」
担当官はそう言った後、少し気持ちを和ませようとしたのか、「毎回驚くほどの金額が振り込まれるほど、価値ある面談ができるよう頑張ってください」と笑顔を見せた。

(信じられない)
不得要領にハローワークを後にしながら、あなたは用心深く考えた。
面談したあの男が▲▲社の社長だったとしても、この金額をあなたに支払うとは到底考えられない。
(来月分の家賃の心配どころじゃない)
10年分払っても、まだまだ十分手元に残る。そんな額だ。
(あり得ない)
常識を当てはめて否定しようと努力するが、倹約に張りつめ続けていたストレスから、一気に解放された伸びやかさはおさえようもなかった。
通帳の金額を見ると「助かった!」と叫びたくなるのだ。

健康保険や住民税の払い込み用紙、買い替えが必要な日用品、食べたくても入れない近所の飲食店など、お金がないゆえにあなたの心にダメージを与え続けた存在が、急に失せたように感じる。

いや、実際に失せたのだ。

あなたに実感はないが、あなたが▲▲社に出会ってアドバイスした瞬間から、新たな波が訪れている。
それは単純に「ツキ」などという言葉で表せるものではない。
相手があなたに支払った金額が大きいから大きな波が来たわけではなく、あなたの鑑定が相手の【法人】に非常に大きな価値を与えてしまったことに端を発した「大きなエネルギーの満ち引き」の中で具現化したモノにすぎない。

あなたに自覚があろうがなかろうが、そんな大金が姿を見せるほどの大きな力(フォース)の中に身を置いてしまったのだ。

このことを振り子に例えると、あなたが外界に対して施した力によって、振子のオモリは大きく片側に振られた状態になった。そして、外界からは金銭という形でそれに見合う振れ幅が、あなたという個人に振り返された。
振った分だけ振られているのだが、このとき「働きに応じた報酬を受けたから、振り子のオモリは垂直に戻った」と錯覚することが、その後の人生を大きく狂わせる要因になる。

今回受け取った金額が、これまで送ってきた生活をベースに考えて、あなたの身の丈に合わないほどの大金だったなら、その持て余すほどの力(オーバーフォース)に対抗するだけの人物的な器を備える必要がある。
しかし、そんな器など、一朝一夕に備わるものではない。
下手に蓄財をしても、扱いなれない財産に振り回されてもっと大きなものを失うことになる可能性が高いし、浪費で失おうとすれば生活はすさみ、二度と社会の表舞台に立てなくなることすらある。

今あなたができることは、世の中に向かってもう一度振り子を振り返し、起こしてしまった力の自然な流れを止めないようにすることだ。
分不相応に大きな振れ幅を押さえ込んで、再び垂直にオモリが垂れた状態にしたいなら、振る力を徐々に弱めるしかない。あなたがしている仕事は、『仲間を募って、将来は譲り渡す』といったいわゆる『事業化』ができないからだ。

これらのことは、あなたの今後の課題だ。
今はまだ、「気持ちが大きくなる」といった精神状態にもなっていないが、それはまだオーバーフォースの実感がないからだ。

無事、来月分の家賃の振り込みをしながら
(住居が得られていることの幸せに感謝)
などと、慎ましやかでほのかな温かみを得ているという、穏やかな心境だった。