宮城県株式会社のケース(12)vol.123

訊いてみると(意外なことに)社長はその夫人との仲は実に円満で、仕事終わりによく待ち合わせてトレーニングジムに通っているらしい。
トライアスロンの趣味が共通しており、子供がいないことから二人で身軽にあちこち飛び回って大会に参加したりもしているとのことだ。

かつて、こんなこともあったという。
出張先と同じ地区で行われる財界のパーティーがあり、途中から夫人が合流した。
本来、業務と無関係なことに社員を巻き込むのを嫌う社長だったが、その日は人手が必要で仕方なく同行の社員たちをパーティー会場へ付き合わせた。

その時社員たちが目にした社長夫妻の行動は、パーティー開始早々からあちこちのテーブルを回り、品良く挨拶して積極的に参加した印象だけを残して、二人とも会場から早々に退出してしまうというものだった。

社員たちもすぐに開放されたのだが、夫妻は共々にザックを背負って一足先にそそくさと街中に消えていった。
後で調べると、その方角に会員制スポーツクラブの支店があったので、そこへ行ったのは間違いないと噂された。

おいしい地酒とそこでしか獲れない海鮮の刺身や煮付けで有名な土地だったが、全国の名所や美味などは散々たしなみつくして、夫妻は全く興味がないようであった。

社長は長男ではないので家を継ぐ必要もない。そして代々続く有名な資産家の一族であり、老後の生活にも心配がない。身軽な夫婦生活を、まるで友達や兄妹のように楽しんでいる様子がうかがいしれた。

宮城県株式会社のケース(1)vol.112

何か複雑な気持ちだ。
あなたは顔にこそ出さなかったが、この後の面談はどういう展開を見せるだろうかと戸惑った。

まさか【法人】から不倫の相談を受けることがあるとは、思いもよらなかった。

まあ、【法人】という存在からの相談自体が、しばらく前までのあなたには思いもよらないものだったが・・。

(これも『口コミ』のせいか)
北海道株式会社の面談後、にわかに広まったと思われる【法人】間でのあなたに関する口コミ。
どんな点が、どんな具合に好評だったのか、それはあなたに口コミのことを教えてくれたハローワークの担当官も知り得ないことだ。当然、あなたにもわからない。

自分が【法人】の目にどう映り、何を期待されているかわからないまま接すると、ついつい自意識過剰になる。
試みに、目の前にいる「宮城県株式会社」に尋ねてみた。【法人】間でのあなたの口コミについて。

「他の【法人】の考えをここで話すことはできません」
宮城社は怪訝な顔で答えた。
これ以上の質問は、あなたにとってもよくないことになりそうだ。
事業に関すること以外で、下手に【法人】の事情に踏み込むことはタブーなのだろう。
深掘りすると、それこそ契約終了になってしまう恐れがある。
今、この仕事を失ったら、あなたは小金を持った程度の失業者に逆戻りだ。

(ひょっとすると、以前にもこういった「深掘り」をして解任になった担当者もいたのではないか・・)
あなたは、これ以上この話題に触れることを避けた。

【法人】は事情を語り始めた。
もちろん、【法人】が不倫をしているわけではない。社内で明確な不倫が4例、雲行きが怪しいのが6例もあるという。
うち、社員同士の不倫は2例、怪しい6例のうち社員同士は5例ということだ。
(ヒマなのか?)
反射的にそう思ったが、無論口には出さなかった。
社員94名のうち、17名が不倫中、またはその予備軍ということになる。
(結構なパーセンテージだ)
約18%にのぼる。

(しかし、この場合『倫理』が問題なのだろうか)
あなたに相談しているのは個人ではなく【法人】だ。

“恋愛”すると生産性は下がるのか?
そうは言いきれないだろう。気持ちにハリができて、人生全般に前向きで積極的になり、仕事への意欲が増すというのは、不倫でない恋愛においても普通にあることだ。
社内に想う相手がいて、その助けになりたいと願う状況なら、より一層仕事にも熱が入る。そこから生まれる業務アイデアが生産性の向上に役立つこともあるに違いない。

これまであなたのもとに相談に訪れた【法人】は、いずれも業績の伸び悩みか、失速して落ちかけていく状態からの救いを求めてきた。
ということは、現時点で不倫問題が業績に影を落としているか、いずれそうなるという明らかな事象が確認されているかのどちらかだと思う。

(そう考えて間違いないだろう)
あなたなりの関わり方が、何となく理解できた。
不倫が業績に影響するかどうかはともかく、「不倫問題」となれば確実に業績に悪影響を与える。
家族にばれるか、世間(客)にばれるか、いずれかの状態になれば、ダメージは深刻だ。

意外に、社内にばれてもダメージは深刻でないことが多い。
だが、もちろんモラルは下がる。
社員が抱いている会社への信用が失われていくなどの影響を考えれば、表向き穏やかに済ませていても病巣は深く複雑になっていく。
いっそ、早い段階で怪我による大出血(不倫問題)が起き、わかりやすい粛清で気が引き締まったほうが、重症化しなくて済むのではないか。

(この【法人】は『怪我』か『病気』か?)
あなたは、少しペースがつかめてきた。
【法人】とは、こういうものなのだろう。
地球環境問題とは、地球の体内環境である。
職場環境も、地球環境問題のひとつであり、それは【法人】の体内環境のことだ。
そこには、業績だけでなく社員の価値観や感情、その延長で社員の家庭までを含んでいる。
(【法人】が不倫の相談に来ることだって、当然あり得るのだ)

宮城県株式会社のケース(2)vol.113

行く手を阻む様々な問題を乗り越えた先の未来を信じ、今の「不快」をすべて「快」に変換し続けられるのが『夢』
行く手を阻む重苦しく具体的な問題を棚上げし、目をそらすために未来を妄想し、つかの間の「快」を繰り返しているだけなのが『自己満足』

単なる自己満足を、「夢に向かう力強い行動」に変えれば、人生の路が開けてくるという法則は、どんなことにも当てはまる。
ただし、何でもかんでも「夢に向かった力強い行動」に変えてもよいのか、ということだ。

不倫が「単なる自己満足×2人前」にとどまっているからこそ、周囲(特に大切な人たち)を巻き込んでの大問題を引き起こさずに済んでいるという現実もある。
ある意味、当事者たちの倫理により、単なる自己満足的な不倫に抑えているという側面もあるだろう。

勇んで『夢』に向かうと、どちらかの、あるいは双方の家庭を破壊し、家族親族との決裂や、仕事面では左遷・離職、地域社会ではウワサ話と白眼視などといった「行く手を阻む様々な問題」が発生するからだ。

どんな逆風のさなかにあっても、それを乗り越えた先の未来を信じ、今の「不快」をすべて「快」に変換し続けられるだけの『覚悟』はあるか?
結局、『夢』=『覚悟』
『自己満足』とはやはり、次元が違うのだ。

目の前にいるのは【法人】だが、ついあなたは感慨にふけった。

あなたが初めて不倫の相談を受けたのはずいぶん昔だ。
当時のあなたはたぶん、21、2歳だった。

ろくに恋愛経験もないあなたが、妻子ある男性との関係に悩む一回り以上年上の女性から、未知の世界の領域の話を聞きながら面談を展開する。
まだ若く、人生経験や人間的深みを軸にトークを展開するなどという芸当はできない。

これは相談業一般に通底する問題だが、年齢が若いことが不利な状況を生むことが多い。

(こんなに若くて、私の置かれた立場やその苦しみが理解できるの?)
という不信感を抱かせてしまうからだ。

それは、本当の信頼を得るまでの間、継続する。
常に相手の不信感にさらされ、態度や言葉は絶え間なく観察される。
それを受け入れることからスタートしなければならないのだ。

その時の依頼者は、かつてあなたが鑑定した相手からの紹介だったため、その点で最初から信用のゲタを履いた状態だったが、それでも手のひらのデータベースをいかに深く読み込むかがすべてのカギで、一心不乱に彼女の手を凝視しながら解釈し、読み取った内容をアレンジして話をした記憶がある。

宮城県株式会社のケース(3)vol.114

あのころと比べれば・・
とも言えない。
1個人相手なら経験と記憶を頼りに、繰り返しで対処できる部分もあるが、今回は全てが手探り状態になる。
【法人】の体内環境を取り扱う者として、どこからアプローチすべきか。
しかも、インフォームドコンセントと同時に処置をし、2度と会わない相手に対する生活指導までを完結させねばならない。

(ン・・?)
思えば、これまでの【法人】鑑定だって同じことだ。
・2代目社長と古参社員の間に生じた亀裂
・「学歴」=「実力」と認識して無茶な採用活動を繰り返してしまう心の偏り
・長年乗り続けた運の波から振り落とされた力不足の経営者が感じている焦燥感

一番最近の鑑定では、一流ビジネス誌に大々的に取り上げられる仕掛けという、あなたの人生で全く未知で無関係と思う分野で暴挙をやってしまった。
今日現在ではまだその結果は出ておらず、心落ち着かぬ日々を、ビクビクしながら送っているありさまだ。

最後のは措置が特殊ケースだったが、いずれにしても、【法人】の相談内容の表面的な言葉の後ろに横たわる、得体のしれない「場が持つ病理」みたいなものの存在を感知し、財務諸表を見たり、社内の会話情報を抽出したり、業務手引書を閲覧したり、その時々に応じて社内のデータベースから実情を読み取って将来を予見し、手相で検証する(手相が先の場合もあったが)。
これを繰り返してきた。
こういうやり方をしようと自信たっぷりに始めた理由は、「個人で経験済み」だったからだ。

そして今度は「社内で頻発する不倫」。
ということは、やはり王道で人事データを見てみるべきだろうか。
【法人】に社員マスタを表示させ、不倫フラグに「1」を立てた社員だけを抽出した。
社内に相手がいる同士で並べてみると、男性が年上のカップルがほとんどだが、女性が年上という組み合わせもある。
男性が年上の場合、ふたりの年の差は大きいのに比べて、女性が年上の場合は年齢差がさほどない点があなたの目を引いた。

(こういう関係の場合、年下女性は相手の男性に「父性」を求め、年下男性は相手の女性に対し、自分が「弟であること」を求める傾向があるのだろうか)
しかし、女性側から「父性」を求めるほど年齢の差がある割に、その付き合いが深まるにつれ交際相手の男性のほうに「未成熟さ」が顕著になるケースも見られ、予備情報なしで話を聞いていると、彼女の不倫相手はほぼ同年齢で、いかにも頼りない男性像が思い浮かぶ。

しばらく話をしてから相手男性の年齢を聞いて驚くこともあるが、彼女たちの多くはなぜか、相談に来たにもかかわらず、当初は相手の年齢を明かしたがらない傾向があり、どこかで心理的なブロックが働いていることがうかがえる。

あるいは、相手男性から父性を感じる一方、逆に自らの母性を相手に当て込んで、まるで我が子を守るかのような態度が表れるのかもしれず、だとすればこれも共依存の一種かもしれない。

(まあ、それはいい)
ついつい昔のクセで、個人をターゲットに考えてしまったが、今の相談相手は【法人】だ。視点を変えて、対応方法を一から構築する必要がありそうだ。
(いや)
視点を変える必要はあっても、対応方法を構築し直す必要があるだろうか?

不倫であるかどうかを問わず、あなたが恋愛相談を受け付けた場合にまずすることといえば、相手の全体像をつかむことだ。
というより、相談内容の如何を問わず、それは共通している。
相手の要求が、恋愛・結婚に関する情報の提供であったとしても、短絡的に結婚線や恋愛線を見たりすることはない。

「あたし、いつ結婚する?」
などと言いながら手のひらを突き出してくる女子もいるが、あなたは基本的にそういう手合いは相手にしない。
それはコンサルタントが出会った早々の相手から
「どうすれば売上が上がる?」
と言いながら財務諸表を突き出されても、まともに対応しないのと似ている。

宮城県株式会社のケース(4)vol.115

結局、いつもそうであるように、あなたは相手の問題よりも相手自身のことを知ろうと試みた。
あなたの問いを受けて、【法人】は語り始めた。

宮城県株式会社は、フィルターと送風機の製造及び販売を行う中小企業だ。
元々は空調機械用部品のメーカーで、特にフィルターと取付のジョイント部品を専門に扱っていた。
いくつかのメーカーに部品を卸していたが、ある大企業が宮城社の買収を画策している噂が流れ、業界に波紋が広がった。宮城社がどこか1社の傘下に入られると困るメーカーが複数あり、それらの主要株主である一人の投資家が、先手を打って宮城社を買い取った。

(なるほど)
少し興味深い話で、このまま空調機業界の裏側の話を聞いてみたい気もするが、今は鑑定を全うすることに集中しなければならない。
宮城社を買い取った投資家は、社長を続投させたのか、別の経営者を送り込んだのか? それと、当然ながら会社に大きなストレスが発生しているから、社員たちが受けた衝撃も大きかったに違いない。不倫との因果関係も疑われるところだ。

「社長は交代しました。買い取った投資家が社長に就任し、前社長は顧問という形で指揮系統からは外れています」
(なんと)
新社長は新進の投資家なのかと【法人】に質問したところ、数代続く資産家の息子で、いわば「生まれながらの投資家の家系」だという。
あなたは不思議な気がして、新社長就任に至るまでを、細部にわたって聞き取ってみた。
すると、こういう顛末だった。

宮城社を買収した資産家の息子は、最初は資金提供して経営者に事業を委託し、ビジネスオーナーの立場をとった。
しかし、彼が思うように動ける経営者がおらず、どんなに現場を訪問しても、経営者指導を通じた“経営の実感”が得られなかった。
そしてとうとう、自分自身が経営の当事者になることに決定した。

投資家 → ビジネスオーナー → 経営者

普通は、時間をかけてこの逆のステップを目指し、その中のほんの一握りが到達できるのが投資家という人種であると、あなたは思っていた。
しかし、現在宮城県株式会社を率いる資産家の社長は、「生まれながらの投資家」から突然変異で出てきた変わり種らしい。

宮城県株式会社のケース(5)vol.116

大きすぎる悪は、悪ではない、という言葉がある。人の持ち物を奪えば罪を問われるが、国を奪えば英雄とか君主と呼ばれる。
つまり、頂点まで行きついてしまうと、やることなすこと常識の物差しでは測れないようになってくる。

当初は、会社を買い取った本人が経営者になって乗り込んでくる、というので社員たちは緊張した。側近を引き連れてやってきた新経営者が社内を蹂躙し、取り巻きだけがいい思いをし、既存社員は搾取されるだけになるかと警戒したが、そんなことは一切なかった。

新社長は、小金を手元に残すためのグレーな節税などには一切手を染めなかった。
経費の支出についてもクリーンを貫き、例を挙げれば、たまたま出張先と同じ都市で開催される財界のパーティーへ夫人を伴って参加する場合など、夫人の交通費や宿泊代を会社の経費では落とさせなかった。

宮城社は未上場だから、社長の経費使用の自由度はかなり高かったのだが、そういった点は清廉を極めた。
投資家から見て信用のおけない経営者像に自分を重ねることを、よしとしなかったのだろう。

そして、投資家から見て能力のない経営者像に自分が重なってしまうこともまた、彼の望まぬことだった。
利益確保は絶対のものであり、至上課題だった。
しかも、長期的視点がそこに加わる。彼はデイトレーダーではなく、数代続く投資家家系の人間であるため、企業価値を長い目で見て判断することは、呼吸するのと同じように自然なことだったのだ。

(これもまた、面白い要素だ)
あなたは興味をひかれた。経営学の教科書的な、極めて優等生的な、まるでMBAの講義の中でしかありえないような企業の姿が展開されるのだろうか。

「新社長は、継続的に高い投資効率を上げ得る安定的体制を築くため、いくつかの要素を加えました」

(まさか、この会社もシステム会社の攻勢を受けたか?)
あなたは一瞬そう思ったが、『高い投資効率』ということばに多少の違和感をおぼえた。

優等生企業になりたいなら現在価値の高いビジネスへの着手という観点から、普通は収益と費用の構造を考え、高い粗利を取れる製品の確保や、薄利多売で徹底した高ノルマ/低コストを画策する方向へ進むはずだ。
その実現に向け基幹システムの導入(又は入れ替え)が行われたのかと反射的に考えたが、それとは尺度が違うように感じられた。

宮城県株式会社のケース(6)vol.117

「社長は、市場の転換と拡大を手掛けたのですが、その時最も重視したのは『市場における自社戦力の留保』でした」

(?)
言っている言葉は理解できるが、言っている意味が理解できない。
あなたの目が点になっていることや、その理由は関心の外らしく、【法人】はそのまま言葉をつなごうとしている。

(どうしようかな)

【①:話を続けさせ、後で話の腰を折る】か、【②:最初に話をストップさせてから、ノンストップで話させる】か?
対話コミュニケーションにおいて、この選択肢が重要になることがある。

何となく①は「わからないなら最初に質問しろ」とダメ出しされ良くないように思いがちだが、相手が『説明不要』と決め込んでいる事柄が、話の途中で腰を折られ、普段未検証のまま話している内容を丹念に裏付ける必要に迫られたことで、仲間内でしか通用しない表現が多い等、甘かった点が浮き彫りになることがある。
そんなときは②より①のほうが効果的だ。

あなたは、【①:話を続けさせ、後で話の腰を折る】を選択した。
この後何を言おうとしているのか不明瞭なまま、しゃべらせてみた。

「例えば、経営者や管理者が、使用人から不当と思われるほど労働力を搾取するような態度をとってしまうと不満を呼び、働きが悪くなります」
(?)
「だから、同業他社の給与をベンチマークして高い水準の給与を準備しました。だいたい、標準の1.3倍といったところです」
(??)
「また、投資不動産を用意しました。これらはインカムゲインの現金収入をもたらすだけでなく、取引銀行に担保として差し入れています。いざという時の資金調達……」
さすがにあなたは【法人】のトークをストップさせた。今の話と『市場における自社戦力の留保』とが、どう結びつくのか見当もつかなくなったのだ。

話をさえぎられた【法人】は、いったい何なのだ? という表情であなたの顔を見守っている。
空気を読むのが不得意なエリートが、自分の論説についてこられない聴衆に不可思議さを感じているような表情は、きっとこれに近いのかもしれないと、あなたはふと思った。

宮城県株式会社のケース(7)vol.118

とにかく今の話から推測すると「市場における自社戦力」とは『社員』ということになる。

「人は石垣、人は城」は戦国武将の武田信玄の有名な言葉だ。
「資本は人なり」は出光興産の創始者である出光佐三の方針である。

(臆面もなくそんな理想を掲げているのだろうか)
一瞬あなたはそう思った。そういう綺麗ごとは、どの経営者も口にする。しかし、現実には言葉とは逆になることがいかに多いことか。
たとえ経営者が直接命じていなかったとしても、幹部への要求がワンクッション置いて末端に届くころには搾取同然の圧力になってしまうことはよくある。

さっき【法人】が話したように、社員たちが圧迫や強制に怯え憤っている環境で、末端の現実を知らぬ社長が慈悲の言葉を並べ立てて訓示しても、社員はしらけるだけである。当然、生産性は落ちるし、ちょっとでも良い条件の職場を見つければ、迷うことなくそちらへ移ってしまうことだろう。

(しかし……)
とあなたは思い直す。
今“綺麗ごと”を語っているのは【法人】だ。聞けば必ず事実を口にする。
社長の言行が本当に一致しているかどうかと、中間で社長の想いを捻じ曲げる幹部の有無と、末端の社員たちの本音会話などが、あなたには確認できる。

それに、少なくとも先ほど【法人】が口にしかけた施策のいくつかにしても、いずれも既に実施されて制度が構築されたり、キャッシュが捻出されている状況である。社長の真意はどうであれ、既成事実は疑いようもない。

(新社長が「人」、又は「人が働く環境」に投資している事実は確かなようだ)
そう思わざるを得ない。
継続的に高い投資効率を上げ得る安定的体制を築くため、少しプレミアムな要素を会社に付け加えた、ということか。

「そのとおりです」
理解の遅い相手がようやくついてきたか、といった語調で【法人】は納得し、話を続けた。
それによると、さすがに社員保養施設やゴルフ会員権のようなものは用意しておらず(さすがにそれはやりすぎだろう)、そういう意味でのプレミアムではないようだ。

しかし、財形貯蓄、社員持株会、社内融資などのインセンティブや育児休業と復帰後の段階的履修制度、また随時のフリーエージェント制度など、一度採用した人材をできるだけ長く留保し、ナレッジを標準化させるコンペの定期的開催等、『低次元な搾取』とは全く違った形で“搾り取る”ことを重視した人事戦略である。

(なるほど。たしかにその形で“搾り取る”なら、働く社員たちにとっても、特にやる気のある社員ほど会社にのめり込むかもしれない)
社長が考える「プレミアム」の定義が、おぼろげながら見えてきた。
一般の中小企業ではなかなかできないことだ。

宮城県株式会社のケース(8)vol.119

【法人】の話を総合すると、高パフォーマンスを期待する投資家が、投資資金をここに使ったら良いのではないか? という要求を、自ら色々と試してみたい気持ちがあったのだろう。
社長はおそらく好奇心が人一倍強く、一族の中では異端ともいえるほどだったということが、このことからもわかる。

(面白い)
こんな形で社員たちを思い、職場環境を整える経営者の話を聞いたのは初めてだ。
では一体、社長は普段、社員たちとどんな接触をしているのか?

「自分は極力控えめにして、社員たちとの接触は連れてきた幹部や外部ブレーンに任せています」
【法人】はこともなげに言った。大きな方針は幹部に伝え、事業遂行の上での細かな口出しはしない。ただ、社員の処遇や教育・成長度合いについて強い関心を持ち、業界に影響力の強かった宮城社が保有している社員たちの経験値の掘り起こしにこだわった。

(なにやら、研究所のような印象だ)
いや、実験場とでもいうのだろうか。

汎用的専門性(会計・税務・労務・法律・医療など)はその道のプロを用意し、社員たちには自社固有の事柄に専念させることで、余計なことに気を煩わさないようにとの方針だ。

あなたはかつて対面した、北海道株式会社の記憶をよみがえらせた。
「プロフェッショナル集団」を目指して非効率な人材採用を繰り返していた会社だ。

あの会社では、プロフェッショナルの追求は“大卒者の採用”という形をとったが、どうもこの宮城社では、豊富な資金力で器を整え、中にいる社員を純粋培養し、ナレッジの掘り起こしによって職人的ノウハウを顕在化させるのが主眼のようだ。
そのため、いわゆる士業的なプロフェッショナルは社員から切り離すスタイルを採用している。

宮城県株式会社のケース(9)vol.120

(社員から得た、純然たる社業のノウハウを再投資するのか?)
社業を切り回すノウハウを得、士業的専門性を金銭調達してノウハウに肉付けし、適当なタイミングで会社事業を市場に投下してシェアを獲れればその利回りは大きい。

ベンチャーキャピタル(VC)が行うスタイルに近い。
違うのは、VCは上場させた後の株式売り抜きによるキャピタルゲインの利回りを狙うため「社業を切り回すノウハウ」はVCが用意した「上場審査をパスするためのノウハウ」だということだ。

だが、宮城社の社長の狙いがあなたの考え通りなら、まだニーズも市場も顕在化していない世間に対し、手製のチーム体制を投下し、新たな市場を築き上げることも十分に可能だ。
上手く当たればその利益は圧倒的なものになるだろう。

社長は短期的な視点でのキャピタルゲインを狙っていない。
自分が企画し、颯爽と登場させた会社の株を売り抜いて資金を手にし、代わりに会社を手放すような策を弄するようなことはしないはずだ。
むしろ市場を誕生させられる潜在力を、積極的に使い回す投資効率を重視するだろう。
ゆえに、会社単位にまで育て上げたチーム力は決して手放さず、増設や再編成を目指すに違いない。

では、そうやって高めた産業界への影響力をもって、何を目論むのか?

上場後も長く存続し、成長を続けてくれる会社を次々に誕生させ、多様性に富んだ豊かな経済性をこの国にもたらしたい、とか……。