4社目 成長期撤退の美学

下町の名工を救え!(岩手県株式会社)

「ビールの指輪」 40歳以上を対象にしたこのサービスを、あなたは知らなかった。 アミューズメント施設を経営する企業が、ビアガーデン専門の...
スタビライザー。 【法人】は何度もこの単語を口にしたが、正直なところあなたには正確に伝わらなかった。 スタビライザー = 姿勢制御装置?...
ビジネスが予想以上に急成長したときに起きる代表的な問題は「品質低下」だ。 これは、製品の品質である場合もあるし、事務品質の場合もある。 ...
(いっそ……) と、ふとあなたは思った。 たしかに『ビールの指輪』のコンセプトは面白い。 だが、今と同じ盛り上がりはそう長く続かない気...
手相とデータベース(あなたにとってはどちらも同じものだが)、いずれの判断材料も、岩手県株式会社が「高品質の多品種少量生産」あるいは「一品もの...
(しかし、『スタビライザー』とは何のことか?) 【法人】の説明序盤で早々に放棄したこの言葉に、再び戻ってしまった。 改めて【法人】に質問...
ビール供給機は、ビア社と提携している飲料メーカーの傘下企業が、開発を担当した。 最初は全機能を供給機に持たせるつもりだった。 当然、...
(スタビライザーの技術を、どうにか譲渡できないか) 機能を模倣、かつ量産できる会社が、さらに安価でビア社に供給を申し出れば、岩手社はこの仕...
(それならいっそ、無料公開はどうか?) 岩手社から技術供与を受けた企業が、量産体制の構築に成功するかどうかは一種の賭けだ。 だから、...
『技術を、相手かまわず、見境なくばらまく』 これは、岩手社のオヤジさんの仕事観に反する行為なだけでなく、効果が表れるまでの速度や確実性も信...
あなたの考えは行き詰った。 技術を売る。 いや、事態の解決にかかる速度と引き換えに無料にしても良いと思う。 オヤジさんの意思は...
あなたが一気呵成に書き上げたのは、取材要請の文章だ。 それはこんな内容だ。 緊急事態発生! どうか御社の記事で、ヒット企画を支える...
(ところで、本当に岩手社の周囲は『平屋だらけ』か?) 工場のロケーションを完全にイメージだけで書ききってしまった。 フィクションなら...
どうしてそんな発想をしたかというと、あなたが公務員時代の記憶が頭をよぎったからだ。 官公庁には時々、「こんな素晴らしい技術を開発した」とい...
(もう一手、打っておく必要がある) あなたの作戦が当たり、大手雑誌社に掲載されたとしよう。 岩手社には問い合わせが殺到する。 どの...
(どう転ぶか) あなたにとっては初となる「【法人】の追跡調査」だ。 これまで接した【法人】たちにも、次なる行動を示唆してきたが、いずれも...
『下町発! アクセサリーに込められたスーパーエレクトロニクス』 業界最大手の週刊ビジネス誌に、巻頭特集が組まれている。 あなたの手は興奮...
この手詰まりを打開するには、権威ある第三者による強烈な介入が必要だ。 飲料メーカーの気を変えるために、記事が出た後の次のステップに必要な材...
荒療治の鑑定を終えてから4日後、ハローワークから報酬の振込連絡があなたのもとへ届いた。 まだ、ビジネス誌への掲載話がどう進んでいるか、あな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする